リーディングとコミュニケーション

英語を学ぶために、なぜ聖書を読むの?

聖書は現存する最も古く、最も広く知られている書物であり、歴史、文化、そして英語そのものに影響を与えてきました。ここをクリックしてグループに登録し、聖書を通して英語と文化について学びましょう!

最も広く知られている書物

聖書は史上最もよく売れている本です。1995年には世界中で推定50億部が売られ、ベストセラーとしてギネスブックに登録されました。長年をかけて、聖書全体が原語であるヘブライ語、アラム語、ギリシャ語から349の異なる言語に翻訳されてきました。1冊の聖書は少なくとも2,000以上の言語に翻訳されています。

英語への影響

聖書は現在の英語に影響を与えています。上記は、現在の英語の一部となっている多くの聖書のイディオム、フレーズ、単語のほんの一例です。これらのイディオムは一般的に使われているため、英語を母国語とする人でも、聖書から来ていることを知らない人もいるかもしれません。

文化への影響

クリスチャンでなくても、多くの英語圏の人々が日常生活の中で聖書を参照しています。また、芸術テレビ映画音楽の中にも聖書への言及が見られます。

活で聖書を参照しています。また、芸術、テレビ、映画、音楽の中にも聖書への言及が見られます。

Carousel imageCarousel imageCarousel image

歌詞の中には、聖書をモチーフにしたものもあります。

アメイジング・グレイス」は、ある男性がクリスチャンになってから書いた曲です。


ハリー・ポッターの両親のお墓には、聖書の第一コリント人への手紙15章26節が刻まれています。

シェイクスピアは、劇中で何百回も聖書を参照しています。